前野保険事務所

<h1>団体の保険の案内を読まずに捨てた、新入社員の後悔とは?</h1>

<p>身の回りの補償に備える団体の保険に加入していないとどうなってしまうのか?団体の保険のいろはを解説しました。</p>

動画タイトル

団体の保険の案内を読まずに捨てた、新入社員の後悔とは?

概要

身の回りの補償に備える団体の保険に加入していないとどうなってしまうのか?団体の保険のいろはを解説しました。

<h1>団体の保険の案内を読まずに捨てた、新入社員の後悔とは?</h1>

<p>身の回りの補償に備える団体の保険に加入していないとどうなってしまうのか?団体の保険のいろはを解説しました。</p>

あらすじ

社会人になって心機一転、新しいチャレンジをしていた主人公を思わぬ悲劇が襲います。
ところがこの主人公は団体の保険は加入しておらず、、、大変なことになってしまいました。
こうならないためにも新入社員の皆様にお勧めしたいのがお勤め先の団体保険です。
アンケートによると、保険の契約にあたりユーザーが重視するポイントには「補償内容の充実」、「保険料の安さ」、「補償がカスタマイズできる」というものがあります。
充実した保険のラインナップから身の回りの補償を柔軟にカスタマイズでき、さらに団体制度の割引によって保険料を抑えることができる団体の保険はこのポイントにもぴったり。
まずはお勤め先の保険の担当者に相談してみませんか。

募集文書管理番号1
07E1-29A1-B20151-202103

関連コラム

  • 全般

    結婚したらココに注意! お金にまつわる夫婦の5大NGポイント

    愛し合った2人なのに、いつの間にかケンカが増えて…というのはよくある話です。夫婦間で起こる揉めごとの原因で、特に多いのが「お金」にまつわる問題。結婚生活を送るうえで、収入や貯蓄額などお金のことについてきちんと話し合って共有しておかないと、2人の関係に深刻な危機をもたらす可能性があります。

    そこで、この記事では、夫婦間のお金の揉めごとでありがちな5つのNGポイントをご紹介します。愛するパートナーと共に、長い人生を楽しく暮らしていくためのヒントとして、ぜひチェックしてみてください。

  • 全般

    働けない時のお金はどうする? 妊娠、出産、子育て…女性なら考えたいマネーの備え

    働く女性なら、“働けない期間”におけるお金の不安を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。たとえば、出産や育児期間には、仕事を休まざるを得えません。この時、収入が減る一方、育児による支出は増えて、「家計が火の車になる…」という場合も考えられます。

    そこで大切なのが、出産・子育てに向けた「マネーの備え」です。出産・育児で家計がどのように変化するのか、その変化に合わせて、どのくらいのお金が必要なのかを具体的にイメージすることが大切です。

    現在子どもがいる人だけでなく、将来子どもが欲しいと考えている人も、ぜひこの記事をきっかけに「マネーの備え」の必要性について考えてみてください。